コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スペルベルク・ド・ロバンジュール Charles,vicomte de Spoelberch de Lovenjoul

世界大百科事典 第2版の解説

スペルベルク・ド・ロバンジュール【Charles,vicomte de Spoelberch de Lovenjoul】

1836‐1907
ベルギーの書誌学者,文学史家。莫大な費用をかけ,情熱を傾けて,バルザック,サンド,ゴーティエなど,フランス・ロマン主義時代の文学者について,その原稿,書簡などを収集,分類,研究した。彼の研究は,《ゴーティエ作品史》(1887),《バルザック作品史》(第3版,1888)のような書誌を中心とし,サンドとミュッセの恋愛を扱った《“彼女と彼”の真相》のごとき伝記研究にも及んでいる。膨大な文献は,フランス学士院に遺贈され,パリ近郊のシャンティイにあるロバンジュール図書館の所蔵となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スペルベルク・ド・ロバンジュールの関連キーワードビュヒナー(Karl Georg Büchner)[各個指定]工芸技術部門一竜斎貞山郡内騒動天保の飢饉タルカットニコライハウスフォスターニコライ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android