コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スペース・チャーター space‐charter

世界大百科事典 第2版の解説

スペース・チャーター【space‐charter】

日本の海運会社で採用している運航協力体制の一つ。1960年代の後半から急速に国際定期航路に広まった貨物輸送コンテナー化は,コンテナー専用船に対する投資ばかりでなく,港湾埠頭ターミナルの専用化をも船会社にもたらすことになった。このため,コンテナー輸送市場に参加するには巨額の投資を必要とし,世界のほとんどの定期船会社は従来のような1社単独による航路経営を不可能にされた。そこで,これら定期船会社は資本や業務上の提携を通じて互いに協力し合うことで資本負担の軽減をはかり,コンテナー市場への進出を実現した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報