スポット原油市場(読み)すぽっとげんゆしじょう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スポット原油市場

長期契約に基づかない原油、石油製品の売買が行なわれる市場のこと。原油と製品の現物市場。1985年まではOPECの政府販売価格による長期契約が市場の大部分を占めていたが、1983年以降、イギリスが安値のスポット販売に対し有利な税制を採用したため、産油国も大半をスポット販売するようになり、スポット比率は急増した。現在では、OPECもスポット価格を基本とした市場連動価格方針を全面的に採用している。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android