コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スポット原油市場 すぽっとげんゆしじょう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スポット原油市場

長期契約に基づかない原油、石油製品の売買が行なわれる市場のこと。原油と製品の現物市場。1985年まではOPECの政府販売価格による長期契約が市場の大部分を占めていたが、1983年以降、イギリスが安値のスポット販売に対し有利な税制を採用したため、産油国も大半をスポット販売するようになり、スポット比率は急増した。現在では、OPECもスポット価格を基本とした市場連動価格方針を全面的に採用している。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android