コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スポット原油市場 すぽっとげんゆしじょう

1件 の用語解説(スポット原油市場の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スポット原油市場

長期契約に基づかない原油、石油製品の売買が行なわれる市場のこと。原油と製品の現物市場。1985年まではOPECの政府販売価格による長期契約が市場の大部分を占めていたが、1983年以降、イギリスが安値のスポット販売に対し有利な税制を採用したため、産油国も大半をスポット販売するようになり、スポット比率は急増した。現在では、OPECもスポット価格を基本とした市場連動価格方針を全面的に採用している。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スポット原油市場の関連キーワード準消費貸借国際石油市場スポット原油スポット市場長期保険短期契約長期契約受渡

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スポット原油市場の関連情報