コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スポーツ拠点づくり推進事業

1件 の用語解説(スポーツ拠点づくり推進事業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

スポーツ拠点づくり推進事業

小中高生の全国大会を特定の自治体で継続的に開催し、地域活性化につなげる。野球の「甲子園」、サッカーの「国立」、ラグビーの「花園」のように、子どもたちがあこがれるような大会にするのが狙いだ。開催地には10年間、国から毎年500万円(初年度は1千万円)の財政支援がある。県内では都城市の弓道が今年度の事業対象になっており、3月に「全国中学・高校弓道大会」が開かれる。

(2006-01-06 朝日新聞 朝刊 宮崎全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スポーツ拠点づくり推進事業の関連キーワード自治体集団給食通貨先物(Financial Futures)日韓中高生交流事業口利き記録制度非核平和都市宣言県人寮特定目的基金久住山岳滑翔(かっしょう)大会市民葬儀

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スポーツ拠点づくり推進事業の関連情報