コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スポーツ雪合戦

1件 の用語解説(スポーツ雪合戦の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

スポーツ雪合戦

昭和新山国際雪合戦実行委員会(北海道壮瞥町)によると、雪玉は直径6.5~7センチで、壮瞥町民が開発した製造器でつくる。使えるのは1セット90球までで、1セット3分間のゲームを3セット戦う。引き分けなら、雪玉を交互に投げ、落とした標的の数を競う「ビクトリースロー」で勝敗を決める。全国には約3千の雪合戦チームがあり、近年はフィンランドで欧州大会が開かれるなど知名度は世界に広がりつつある。兵庫県雪合戦大会実行委員会によると、県内には約100チームあり、雪の少ない神戸、西宮市などから競技に参加する人もいる。

(2010-02-05 朝日新聞 朝刊 神戸 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スポーツ雪合戦の関連キーワード昭和新山雪合戦IDカード執行委員東京外国為替市場委員会(Tokyo Foreign Exchange Market Committee)NARAtive生物多様性条約第10回締約国会議支援実行委員会斉藤惣一三松正夫山中日露史

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スポーツ雪合戦の関連情報