コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スマトラ沖大地震 すまとらおきだいじしん

知恵蔵の解説

スマトラ沖大地震

2004年12月26日午前7時58分(現地時間)ごろ、インドネシアのスマトラ島西方沖で大地震が発生した。この地震の特徴は、地震の規模が類まれなほどに大きかったこと、地震により発生した大津波がインド洋沿岸諸国を襲い、津波に無防備な地域に22万8569人の死者・行方不明者が出たことである。地震の規模を表すマグニチュード(M)は9.0。これは過去100年で4番目に大きく、近年では1964年アラスカ地震(M9.2)以来40年ぶりだ。地震のエネルギーは兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)の1400倍、関東大地震の16倍になる。M8クラスの地震を巨大地震というのであれば、それを凌ぐ超巨大地震が起きたことになる。メカニズムは、スマトラ島やアンダマン諸島などを載せたユーラシアプレートが、インド洋を載せたインド・オーストラリアプレートの上にせり上がるような運動によるもの。日本列島で考えるなら、中部地方から九州地方までの太平洋側をすっぽり覆った部分が、平均で7mもずれ動いたことに相当する。また、05年3月28日には、M8.7の大地震が3カ月前の震源域の南東側に隣接して発生し、建物の倒壊などにより1303人が犠牲になった。

(阿部勝征 東京大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

スマトラ沖大地震の関連キーワードキャッシュ・フォー・ワーク(Cash for work)国際緊急援助隊派遣法大阪市消防局アチェ紛争特殊救難隊バム地震アチェ州

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スマトラ沖大地震の関連情報