コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スマートインターチェンジ

1件 の用語解説(スマートインターチェンジの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

スマートインターチェンジ

ETC(自動料金収受システム)搭載車専用のインターチェンジ。サービスエリアなどに設けられるSA・PA接続型と、高速道の本線に設けられる本線直結型がある。関係団体で社会実験協議会を設置したうえで試験的に運用を始め、効果や採算性が認められれば本格導入される。県内では、駒寄(関越道)がすでに本格導入されたほか、波志江(北関東道)で現在社会実験中だ。

(2008-09-29 朝日新聞 朝刊 群馬全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スマートインターチェンジの関連キーワードITSサブシステム自動料金収受システムシステム家具スピーカーシステム全銀システム高速道路値下げETCによる料金徴収高速道路料金のETC割引

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スマートインターチェンジの関連情報