コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スミダM型バス

1件 の用語解説(スミダM型バスの意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

スミダM型バス

昭和初期、米国車の急激な進出に対抗するため、国産保護自動車として L型(大型・2トン)、M型(小型・1トン)のシャシが開発され、トラック・バス に使用された。これらは、スミダの標準車として多数生産され、この時代の 代表車となった。 保存車は、M型の小型乗合バスを、多少オリジナルの部分が損なわれた 状態ではあるが、いすゞ自動車川崎工場で保管している。保管場所いすゞ自動車株式会社 開発管理部 (〒210-8524 川崎市川崎区殿町3-25-1)
製作(製造)年1929
製作者(社)株式会社石川島自動車製作所
資料の種類量産品
現状保存・非公開
車名スミダバス
モデル名スミダM(A4)型
会社名株式会社石川島自動車製作所
製作開始年1929
車種・用途バス
実車所在/模型いすゞ自動車・川崎
スタイルボンネット型バス
ドア数1
乗員座席14、立席4、乗員2計20
車両重量2300kg
構造木骨鋼板
バンパーあり
ステップあり
全長5640mm
全幅2000mm
全高2566mm
タイヤサイズ゙32×6
フレームコ型断面鋼板梯子型
前軸I型逆エリオット式、1/2リーフ
後軸半浮動式、1/2リーフ
軸距3430mm
前トレッドx後トレッド1460×1460mm
車高調整なし
ステアリングウオームセクター
ダンパーなし
スタビライザーなし
走行安定装置なし
原動機名スミダA4型ガソリンエンジン
冷却/気筒配列水冷/直4
弁機構SV
気化器ストロンバーグ
内径x行程82.5×127mm
排気量2720cc
点火系マグネトー式
最高出力/回転数40HP/2200rpm
過給機なし
可変システム手動式点火タイミング
燃料タンク容量50L
ハイブリッドシステム形式なし
変速機MT4
駆動方式FR4×2
モード燃費-
参考文献いすゞ自動車社史、いすゞ自動車50年史、季刊バスNo.9
その他事項シャシー重量:1400kg;前照灯:12V;ワイパー:あり;ウォッシャー:なし;足ブレーキ:機械式後2輪制動;手ブレーキ:センターシャフトブレーキ;最終減速:5.78;

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スミダM型バスの関連キーワード英露協商サージタンク日英同盟イット合従抗する対空ハードランディング飛躍的寛政一揆

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone