コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スミレウロコタケ(菫鱗茸) スミレウロコタケStereum roseo-corneum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スミレウロコタケ(菫鱗茸)
スミレウロコタケ
Stereum roseo-corneum

担子菌類ヒダナシタケ目コウヤクタケ科。広葉樹枯れ枝に生じ,シイタケ榾木 (ほたぎ) などをおかす。軟らかい革質の菌で背面で着生する。厚さ1~3mm,不規則に伸びて縦 6cm,幅 1.5cmほどになる。表面は綿毛が密生し,黄白色または淡紅色。子実層の面は平らで亀裂があり,淡桃色から灰褐色に変る。胞子は無色。本州に広くみられ,南・北アメリカにも分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android