コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スライディングウィンドウ すらいでぃんぐうぃんどう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スライディングウィンドウ

TCPにおけるデータのフロー制御の概念。ここでいう「ウィンドウ」とは、受信したデータを溜めておくためのバッファ領域のこと。連続するシーケンス番号上に設けられたデータ受信のためのウィンドウは、受信した分だけウィンドウサイズは減少するが、アプリケーションがデータを引き受けるとウィンドウサイズは元に戻り、継ぎのシーケンス番号空間へスライドする。このようすは、シーケンス番号上でウィンドウ(バッファ)がスライドしたように見えるため、スライディングウィンドウと呼ばれる。ウィンドウサイズの増減は、受信側が送信側へ返すACKセグメントを使って同時に通知される。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

スライディングウィンドウの関連キーワードVJ圧縮TCP/IPTCPTCP/IPウィンドウサイズパーシステントコネクションnetstatOSI参照モデルプロトコルDHCP

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android