コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スリコギタケ(摺子木茸) スリコギタケClavariadelphus pistillaris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スリコギタケ(摺子木茸)
スリコギタケ
Clavariadelphus pistillaris

担子菌類ヒダナシタケ目ホウキタケ科。子実体は棍棒形,太さ2~6cm,高さ7~30cm。広葉樹林下の地上にまばらに生じ,束にならない。しばしば縦に密な皺を生じる。初め淡黄色,のちに赤土色になる。傷つくと褐色がかったぶどう酒色になる。子実体上部の全面に担子器を生じる。味はやや苦みをもっているが食べられる。本州に広く知られ,中国,ヨーロッパにも分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android