コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スリット・ドラム slit‐dram

1件 の用語解説(スリット・ドラムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

スリット・ドラム【slit‐dram】

木の幹または丸太を,細い割れ目を残し内部を空洞にくりぬいた打楽器割れ目太鼓呼ばれる。表面には動物や魚,ワニ等の彫刻がほどこされている場合が多い。体鳴楽器に属し,手で打ったり,棒で打つ,または突くなどして奏する。打つ場所によって異なる音が出るように作られたものもある。最大のものは,コロンビアのウイトト族の間に見られる儀式用の楽器で,長さが10mにも及ぶ。東南アジアでは竹を用いた小型携帯用のものもあり,歴史的には,初期の大型のものからしだいに小型のものへと発展したと考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のスリット・ドラムの言及

【オセアニア】より


[楽器]
 大きな島の多いメラネシアでは比較的楽器の種類が多く,その一部がミクロネシアとポリネシアに流出・導入されたと推察されている。たとえば,オセアニアを代表するスリット・ドラム(割れ目太鼓)はミクロネシアを除いてほぼ全域で大小さまざまのものが分布しており,遠くへの信号発信具として(セピック川流域のガラム)あるいは舞踊伴奏のリズム楽器として(タヒチのトーエレ)活用されている。膜鳴楽器としての太鼓は,メラネシアとミクロネシア東部で筒形ないし砂時計形の片面太鼓を手でかかえて奏するのに対し,ポリネシアでは鍋形ないし筒形の片面締太鼓を床に立てて奏する違いが目立つ。…

【楽器】より


【起源と発生史】
 音楽の起源に対しては,言語起源説,労働起源説,模倣起源説,呪術起源説などがあるが,これらの諸説は楽器の起源にもかかわっているとみられる。 言語の代りに楽器によって特定の通信文を伝達したり物語を語ったりする例は,現在でもオセアニアのスリット・ドラム(割れ目太鼓)やアフリカのトーキング・ドラム(太鼓話法)などにみられる。そのもっとも単純な形態は時刻や非常事態などを鐘などによって告げ知らせるものである。…

【ワ族】より

…父系外婚氏族制をもつ。各集落にはスリット・ドラム(割目太鼓。普通は1対)があり,信号用に用いられるが,山から太鼓を運び込むのは重要な儀礼である。…

※「スリット・ドラム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スリット・ドラムの関連キーワード皮目霜割れ罅割れ丸太洗い磨き丸太干割れ割れ目幹囲伸張割れ目収縮割れ目

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スリット・ドラムの関連情報