コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スルタン・ガリエフ Sultan Galiev

世界大百科事典 第2版の解説

スルタン・ガリエフ【Sultan Galiev】

1880‐1939?
ボルガ・タタール出身の民族共産主義者。ロシアの二月革命後,1917年7月にカザン・ムスリム社会主義者委員会に加入し,同年11月,ロシア社会民主労働党(ボリシェビキ)に入党した。スターリンに抜擢されて,中央ムスリム軍事参与会議長,民族人民委員部参与会員,《民族生活》紙編集長,タタールスタン共和国中央執行委員などの要職を歴任した。彼はイスラム東方世界における社会主義の特殊な性格を強調し,階級闘争プロレタリア独裁に関するマルクス主義の古典理論を修正することにより,〈第三世界〉の独自性に着目した最初の社会主義者である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スルタン・ガリエフの関連キーワード7月13日

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android