スルターンプル(英語表記)Sultānpur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スルターンプル
Sultānpur

インド北部,ウッタルプラデーシュ州中東部の町。スルターンプル県の行政庁所在地。ラクノー南東約 134km,ゴマティ川に面する。起源は古く,いくたびも破壊と再建が行われた。 12世紀にイスラム勢力の支配下に入り,1857年イギリスによって破壊,以後イギリスがここを軍事都市として重視。現在も軍都として発達。穀類の集散地。人口7万 6567 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android