コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スルピキウス・ルフス Sulpicius Rufus, Publius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スルピキウス・ルフス
Sulpicius Rufus, Publius

[生]前124頃
[没]前88. ラウィニウム
古代ローマの弁論家,政治家。民衆派 (ポプラレス ) を代表して,M.ドルススの政策を受継ぎ,イタリア同盟市に同情的な立場をとった。前 88年護民官 (トリブヌス・プレビス ) としてイタリア市民のトリブス指定,元老院の粛清,前 90年のワリア法による流刑者の釈放,ミトラダテス戦争指揮権を L.スラから G.マリウスに賦与するなどの施策を行なった。その結果,閥族派 (オプチマテス ) と対立し,ローマに親マリウス的な騒擾が起り,みずからもマリウスと提携,スラはカンパニアに逃れ,自分の軍隊と合流,ローマに進撃して占領,マリウスは逃れたが,スルピキウスは捕えられて処刑された。

スルピキウス・ルフス
Sulpicius Rufus, Servius

[生]前106頃
[没]前43
古代ローマの法律家,政治家。ロードスで M.キケロとともに弁論術を学ぶが,のち法律を志す。前 63年の執政官 (コンスル ) 選挙で L.ムレナに敗れ,彼を贈賄で告発したがキケロが弁護。前 51年執政官。ユリウス・カエサルのもとでアカイア総督。ムチナの M.アントニウスのもとに使派遣されてその途中病死。公式に火葬され像が建てられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スルピキウス・ルフスの関連キーワードロードス法律家コッタ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android