コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スレーター則 Slater rule

法則の辞典の解説

スレーター則【Slater rule】

スレータータイプオービタル*軌道関数)の動径部分のパラメータ ns を定めるための経験則.

(1) 主量子数 n=1,2,3,4,5,6に対して,n=1,2,3,3.7,4.0,4.2とする.

(2) 遮蔽定数 s は同じ n に属するn,pに対しては同一の値をとり,d,fについてはまた別の値をとる.

(3) s への寄与としては,考えている電子の属するグループの電子1個について,1s電子は0.30,そのほかの電子は0.35とする.外側の電子殻からの寄与は無視する.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報