スローター氏の論文

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

スローター氏の論文

米国務省でヒラリー・クリントン長官を補佐する外交の頭脳、政策企画局長に女性として初めて2009年1月に就任し、11年1月に退任した。今夏、アトランティック誌に論文を寄稿。当時14歳の長男が中学校で授業を妨害するなどして荒れ、子育てのために職を辞したことを明かして、キャリアと家庭の両立は「現在の米国では無理」と訴えた。キャリアを極めたエリート女性の告白は大きな反響を呼び、「読んで涙が出た」「当たり前。両立なんて幻想」など2500件以上のコメントが電子版に寄せられた。スローター氏は、10月15、16日に開催する朝日地球環境フォーラムに基調講演者として登壇する。

(2012-09-14 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android