コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スワップ取引(Swap)

外国為替用語集の解説

スワップ取引(Swap)

スワップとは交換という意味。等価のキャッシュ・フローを交換する取引の総称。金利スワップは、同じ通貨間の異なる種類の金利を交換する取引。通貨スワップは、異種通貨間の異なる種類の金利を交換する取引。スワップは、債務を交換するには通常、面倒な法的手続きが必要だが、スワップ取引を使うと、金利支払い部分を交換するだけで、法的な手続きなしに債務の交換を行うのと同じ経済的効果が得られる。1981年にIBMと世界銀行との間で取り交わされた、米ドルスイスフランの通貨スワップが初めとされている。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

スワップ取引(Swap)の関連キーワード金融派生商品(Derivatives)派生商品(Derivatives)デット・エクイティ・スワップエクイティースワップ取引コモディティースワップチェンジ・オーバーインターバンク取引現金決済型スワップ国債市場特別参加者アウトライト取引為替ディーリングスポット為替取引チェンジオーバースワップ・コスト金融デリバティブデリバティブ取引ベーシススワップスワップションスワップコスト直物為替取引

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android