スワトプルク(英語表記)Svatpluk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スワトプルク
Svatpluk

[生]830
[没]894
大モラビア公 (在位 870~894) 。東フランク (ドイツ) と結んで叔父ロスティスラフの公位を簒奪。一時東フランクに抑留されたが,のち釈放。チェコ人の反ドイツ蜂起を指揮 (871~874) ,貢納義務と引替えに自治権を獲得。スロバキアボヘミアラウジッツシレジア (シュレジエン) ,小ポーランド,パンノニアを併合,880年西スラブ人の統一国家を実現した。東フランクの圧力下にビザンチンの布教士メトディオス (→キュリロスとメトディオス ) を拘禁 (870~873) ,その弟子たちを追放 (886) し,西スラブ人を決定的に西方教会に帰属させた。大モラビア国はスワトプルクの死後まもなく息子たちの権力争いとドイツ人の干渉で衰え,906年マジャール人の攻撃を受けて滅んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android