コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スワトプルク スワトプルクSvatpluk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スワトプルク
Svatpluk

[生]830
[没]894
大モラビア公 (在位 870~894) 。東フランク (ドイツ) と結んで叔父ロスティスラフの公位を簒奪。一時東フランクに抑留されたが,のち釈放。チェコ人の反ドイツ蜂起を指揮 (871~874) ,貢納義務と引替えに自治権を獲得。スロバキアボヘミアラウジッツシレジア (シュレジエン) ,小ポーランドパンノニアを併合,880年西スラブ人の統一国家を実現した。東フランクの圧力下にビザンチンの布教士メトディオス (→キュリロスとメトディオス ) を拘禁 (870~873) ,その弟子たちを追放 (886) し,西スラブ人を決定的西方教会に帰属させた。大モラビア国スワトプルクの死後まもなく息子たちの権力争いとドイツ人の干渉で衰え,906年マジャール人の攻撃を受けて滅んだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

スワトプルクの関連キーワードグィード2世遣唐使万多親王原油OpenSSL縁結びist小野道風経世大典遣唐使菅原道真