コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スーザニー スーザニー Sūzanī, Muḥammad bin `Alī

2件 の用語解説(スーザニーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スーザニー
スーザニー
Sūzanī, Muḥammad bin `Alī

[生]? サマルカンド
[没]1166
ペルシアの詩人。ブハラで教育を受けたのち,生涯を主として郷里で過した。ペルシア文学史上,風刺詩のすぐれた開拓者として知られる。作品『スーザニー詩集』 Dīwān-e Sūzanīはカシーダ詩形による風刺詩が主体をなしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スーザニー
すーざにー
Muammad b. ‘Al Szan
(?―1173)

ペルシアの詩人。サマルカンドに生まれる。ブハラで学んだ。主として郷里で過ごし、生計のためカラ・ハン朝セルジューク朝の王に頌詩(しょうし)を捧(ささ)げた。スーザニーの特色は風刺詩にあり、ペルシア文学史上この分野における偉大な先駆者と評される。『スーザニー詩集』の巻頭には風刺詩が収められ、その面目がうかがわれる。晩年には自らの毒舌、風刺を後悔する詩もつくった。[黒柳恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スーザニーの関連キーワードグルカン撒馬児干ノルマルマルカマルカート虫が納まるСамаркандскийマルカン百貨店サマルカンドの赤いばらサマルカンド紙

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone