コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スース効果 Suess effect

法則の辞典の解説

スース効果【Suess effect】

1900年以降において,人類による化石燃料の消費が増大したため,大気中の 14Cの濃度が減少していること.樹木の年輪の同位体分析から明らかになった.通常はシュース効果*と呼ばれている.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

スース効果の関連キーワードシュース効果濃度年輪樹木

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android