コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スーダン内戦とダルフール紛争

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

スーダン内戦とダルフール紛争

スーダンでは83年、北部のイスラム教徒中心の政府が、キリスト教など非イスラム教徒が多い南部にもイスラム法を導入しようとして内戦に突入し、約200万人が犠牲になった。また、西部のダルフール地方では03年2月、政府に迫害された住民が蜂起して紛争が始まり、約30万人が死亡。国連は「世界最悪の人道危久としている。紛争の背景には豊富な石油資源をめぐる利権争いがある。

(2009-10-23 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

スーダン内戦とダルフール紛争の関連キーワードスーダン

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android