コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スーダン内戦と国連スーダン派遣団(UNMIS)

1件 の用語解説(スーダン内戦と国連スーダン派遣団(UNMIS)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

スーダン内戦と国連スーダン派遣団(UNMIS)

イスラム法を導入した政府とキリスト教徒主体の南部を基盤にしたスーダン人民解放運動(SPLM)との間で武力衝突が起こり、05年1月の南北和平合意まで20年以上にわたって紛争が続いた。UNMISは05年3月に設立。首都ハルツームに司令部を置き、南部の中心都市ジュバなどに展開。停戦監視や武装解除による和平合意の履行支援、難民や国内避難民の帰還促進、地雷除去などを主な任務とする。今年5月末現在で69カ国から計約9900人が派遣されている。

(2008-07-01 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スーダン内戦と国連スーダン派遣団(UNMIS)の関連キーワードキリスト教綱要ジンミーレコンキスタキリスト教会ムデハルキリスト教徒イスラム法と婚姻スーダン内戦とダルフール紛争暫定政府とイスラム法廷連合(UIC)中東とキリスト教

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone