コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スーパーボルケーノとスーパーエラプション

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

スーパーボルケーノとスーパーエラプション

日本では、数十〜数百立方キロを噴出してカルデラをつくる噴火を巨大噴火と呼ぶことが多い。カルデラ噴火とも呼ぶ。英地質学会は250立方キロを超す噴出物を爆発的に出す噴火をスーパーエラプション(巨大噴火)とした。巨大噴火を起こす火山を、スーパーボルケーノ(巨大火山)と呼ぶようになっている。

(2006-09-18 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android