コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スー・シティ Sioux City

1件 の用語解説(スー・シティの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

スー・シティ【Sioux City】

アメリカ合衆国アイオワ州西端部の都市。人口8万3000(1994)。ビッグ・スー川がミズーリ川に合流する地点に立地し,市名はスー・インディアンにちなむ。1854年にJ.K.クックが探検して町を建設,毛皮商人の基地となったが,60年代後半の蒸気船の溯航および鉄道の開通,さらにブラック・ヒルズにおける金鉱の発見によって人口が増加した。アイオワサウスダコタネブラスカ各州にまたがる地域の卸売業,牧畜・食肉加工業鉄道交通の中心地で,世界有数の酪製品工場,大穀物市場,はちみつの出荷でも知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スー・シティの関連キーワードアングロアメリカ北アメリカアイオワアイダホアメリカン合衆国ネバダネブラスカ亜米利加アメリカ連合国

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スー・シティの関連情報