セイシボク(青紫木)(読み)セイシボク(英語表記)Excoecaria cochinchinensis Lour.

世界大百科事典 第2版の解説

セイシボク【セイシボク(青紫木) Excoecaria cochinchinensis Lour.】

トウダイグサ科の低木。高さは2mに達し,細い小枝を多数出し,こんもり茂る。は卵状披針形で先がとがり,葉の表は光沢ある緑色,裏は鮮やかな紫紅色で,その対照が美しい。花は小さく目だたない。古くから知られる観葉植物で,冬は10℃以上で管理する。夏の間は日焼けを防ぐため,日陰に置くのがよい。排水のよい肥えた土に植え,繁殖は6~7月に枝先を長さ5~10cmに切って挿す。 セイシボク属Excoecariaは旧世界熱帯域に約25種ある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android