コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セイヨウナシ(西洋梨) セイヨウナシPyrus communis; common pear

1件 の用語解説(セイヨウナシ(西洋梨)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セイヨウナシ(西洋梨)
セイヨウナシ
Pyrus communis; common pear

バラ科の落葉高木。ヨーロッパ原産で,地中海地方で広く栽培されている。日本でも果樹として山形県などで栽植されている。その果実は酸味と芳香に富み果肉が軟らかく美味である。いわゆる洋なし形,すなわちくびれの少いひょうたん形で,果柄側が突出して細くなっている点が,日本種を含めて東洋種のナシが球形の果実をもっているのと異なっている。本来乾燥気候のところのもので日本での栽培はむずかしく,また果実が保存に耐えないのでもっぱら缶詰用とされる。 bartlett,la Franceなどの品種が有名である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone