コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セイヨウミツバチ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

セイヨウミツバチ

もともとヨーロッパアフリカに生息し、日本には明治初期に移入。1960年代、ハウス栽培開始とともに、授粉交配用に普及した。在来種ニホンミツバチより繁殖力が強く、採蜜量は約10倍ともされる。2000年ごろからは年1万匹を超える女王バチが輸入されてきた。

(2010-04-21 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

セイヨウミツバチの関連キーワードニホンミツバチとセイヨウミツバチミツバチ(蜜蜂)ミツバチ養蜂蜜蜂

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セイヨウミツバチの関連情報