コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セカンダリIDE

1件 の用語解説(セカンダリIDEの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

セカンダリIDE

2番目のIDEインターフェイスを指す。Enhanced IDEやATA-2/3/4では、IDEインターフェイスを2つ設け、合計4台までのデバイスを接続できるようにしている。セカンダリIDEは、先頭のプライマリIDEの次に当たるインターフェイスである。通常、IDEデバイスの検出順序は、プライマリIDEのマスターの次にスレーブ、そしてセカンダリIDEのマスターの次にスレーブである。一般的に、セカンダリIDEインターフェイスが使用するリソースは、IRQ 15と、I/Oポート170h~177h、376hである。専用のIDEコントローラが使われている場合、その制御のためにI/Oポートを余分に消費する。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

セカンダリIDEの関連キーワードプライマリIDEウルトラATA66カードFast ATAIDE32GBの壁Serial ATAIDE (ATAPI)マルチワードDMAモードPIOモードファビオ・イデ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone