コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セキュリティーレベル

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

セキュリティーレベル

一般用語としては、セキュリティーポリシーを設定・運用するシステム管理者が、エンドユーザーに対して許可する行動範囲(アプリケーションのインストールや削除、ファイルの変更や保存など)を差す。エンドユーザーの行動範囲をある程度狭めることで、ウイルスやワームなどの危険を排除する効果が得られる半面、ユーザーには不便を強いる場合もある。マイクロソフトのウェブブラウザー『Internet Explorer』で設定できる“インターネットオプション-セキュリティー"のセキュリティーレベルのメニューを差す場合もある。Internet Explorerでは、高/中/中低/低の4つが標準で用意され、デフォルト(中)では未署名のActiveXコントロールをダウンロードしない、安全ではない可能性がある(未署名の)コンテンツのダウンロード前に警告を表示するなどのセキュリティー機能がある。これらは個別に設定のオン/オフを変更することも可能。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

セキュリティーレベルの関連キーワードセキュリティーパッチマネジメント

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セキュリティーレベルの関連情報