コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セキュリティーレベル

1件 の用語解説(セキュリティーレベルの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

セキュリティーレベル

一般用語としては、セキュリティーポリシーを設定・運用するシステム管理者が、エンドユーザーに対して許可する行動範囲(アプリケーションインストールや削除、ファイルの変更や保存など)を差す。エンドユーザーの行動範囲をある程度狭めることで、ウイルスワームなどの危険を排除する効果が得られる半面、ユーザーには不便を強いる場合もある。マイクロソフトウェブブラウザーInternet Explorer』で設定できる“インターネットオプション-セキュリティー"のセキュリティーレベルのメニューを差す場合もある。Internet Explorerでは、高/中/中低/低の4つが標準で用意され、デフォルト(中)では未署名のActiveXコントロールをダウンロードしない、安全ではない可能性がある(未署名の)コンテンツのダウンロード前に警告を表示するなどのセキュリティー機能がある。これらは個別に設定のオン/オフを変更することも可能。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セキュリティーレベルの関連キーワードコレクティブセキュリティーデータセキュリティー

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セキュリティーレベルの関連情報