コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セクストス・ホ・エンペイリコス セクストスホエンペイリコス

2件 の用語解説(セクストス・ホ・エンペイリコスの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

セクストス・ホ・エンペイリコス

ラテン名セクストゥス・エンピリクス。2世紀のギリシアの哲学者,医師。その名は〈実証(験)家セクストス〉の意。著書《ピュロン主義概説》はギリシア懐疑論,哲学史研究の重要資料。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セクストス・ホ・エンペイリコス
せくすとすほえんぺいりこす
Sextos ho Empeirikos

生没年不詳。2~3世紀ごろ古代ギリシア懐疑派の最後の哲学者。経験主義的医者でもあって、エンペイリコスの名もそれに由来する。彼によれば、論証の前提を確立するために結論が含まれることから、論証の可能性が否定された。ものの隠された本性を知っているとはしない点で独断論を離れ、しかし知識は不可能か、ある信念はもっともらしいか、という問題について判断中止する点でアカデメイア懐疑派とも離れている。アイネシデモスを受けて、経験上のものでありながら時間上明らかでないものの想起的記号と、自然本性上明らかでないものの示唆的記号の分析を展開した。しかし一般に著作に独創性はなく、自ら判断を下さない懐疑的中立性から、先人の哲学説、古代懐疑論を資料として後世に残した功績が大きかった。[山本 巍]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セクストス・ホ・エンペイリコスの関連キーワードアウグストゥス懐疑派サンクトゥスセクスタントセクストスホエンペイリコスブルートゥスベネディクトゥスヰタ・セクスアリスツァラトゥストラハイリスクストラテジー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone