コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セクター別アプローチ

1件 の用語解説(セクター別アプローチの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

セクター別アプローチ

国別に温室効果ガスの総量削減目標を課すのとは別に、エネルギーや工業、農業などの部門別、または鉄鋼やセメント製造などの産業別に排出削減をめざす考え方。まだ国際的に統一された定義はないが、最近の会議では、(1)国別目標の設定に向けて削減可能量を積み上げるための手吠2)産業ごとのきめ細かい途上国支援を促すことにつながる手暴―などの観点から採用の是非が議論されている。

(2008-08-15 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セクター別アプローチの関連キーワード温室効果ガスいぶき温室効果ガス排出権数値目標温室効果ガスと県の温暖化防止対策京都議定書の削減目標米連邦最高裁判決の主な内容温室効果ガス削減目標中期目標の選択肢温室効果ガスの削減目標

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone