コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セスジムシ(背筋虫) セスジムシOmoglymmius crassiusculus

世界大百科事典 第2版の解説

セスジムシ【セスジムシ(背筋虫) Omoglymmius crassiusculus】

ヤマトセスジムシとも呼ばれる。甲虫目セスジムシ科の昆虫。体は暗褐色で光沢がある。頭にY字形のがあり,前胸背の3本の溝は前方までのびるが,中央の溝は前縁に達しない。各上翅には点刻列があり,肩部は前方へ強く突出する。体長7.5mm内外。北海道,本州に分布し,主として山地の立ち枯れたモミツガなどの針葉樹の樹皮下に生息する。7~8月に樹皮下で交尾産卵。幼虫は朽木穿孔(せんこう)するが,肉食性で他の昆虫を捕食する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

セスジムシ(背筋虫)の関連キーワードヤマトセスジムシ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android