コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セスジムシ(背筋虫) セスジムシ Omoglymmius crassiusculus

1件 の用語解説(セスジムシ(背筋虫)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

セスジムシ【セスジムシ(背筋虫) Omoglymmius crassiusculus】

ヤマトセスジムシとも呼ばれる。甲虫目セスジムシ科の昆虫。体は暗褐色で光沢がある。頭にY字形の溝があり,前胸背の3本の溝は前方までのびるが,中央の溝は前縁に達しない。各上翅には点刻列があり,肩部は前方へ強く突出する。体長7.5mm内外。北海道,本州に分布し,主として山地の立ち枯れたモミ,ツガなどの針葉樹の樹皮下に生息する。7~8月に樹皮下で交尾,産卵。幼虫は朽木に穿孔(せんこう)するが,肉食性で他の昆虫を捕食する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

セスジムシ(背筋虫)の関連キーワードアクセスタイムプロセス間通信プロセスサイズアクセス時間甲虫埋葬虫背条露虫アセス黄金虫アセスメントセンター

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone