コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セスジムシ(背筋虫) セスジムシOmoglymmius crassiusculus

世界大百科事典 第2版の解説

セスジムシ【セスジムシ(背筋虫) Omoglymmius crassiusculus】

ヤマトセスジムシとも呼ばれる。甲虫目セスジムシ科の昆虫。体は暗褐色で光沢がある。頭にY字形の溝があり,前胸背の3本の溝は前方までのびるが,中央の溝は前縁に達しない。各上翅には点刻列があり,肩部は前方へ強く突出する。体長7.5mm内外。北海道,本州に分布し,主として山地の立ち枯れたモミ,ツガなどの針葉樹の樹皮下に生息する。7~8月に樹皮下で交尾,産卵。幼虫は朽木に穿孔(せんこう)するが,肉食性で他の昆虫を捕食する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone