コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セソストリス1世 セソストリスいっせいSesostris I; Senusret I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セソストリス1世
セソストリスいっせい
Sesostris I; Senusret I

古代エジプト第 12王朝2代目の王 (在位前 1971~前 1928) 。センウスレト1世とも呼ばれる。初代王アメンエムヘト1世の子。内外ともに黄金時代を築いた王として知られる。 10年間父王と共治し,その間ヌビアに遠征,ナイルの第1,2急流の中間地点に達した。リビア遠征から凱旋の途中,父の暗殺の報に接し,ただちに帰国,王の座を確保。パレスチナ,シリアとは和平を保ち,治世 18年目にヌビアの征服を成し遂げ,金,銅,紫水晶,閃緑岩など,ヌビアの資源採掘に着手した。他方アスワン付近から花崗岩を切り出し,ヘリオポリスの神殿を改築,テーベカルナックを築きアモン崇拝を盛んにする一方,首都ファイユームの近くのリシェトに自身のピラミッドを構築した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

セソストリス1世の関連キーワードオベリスクセムナレーオン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android