セソストリス1世(読み)セソストリスいっせい(英語表記)Sesostris I; Senusret I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セソストリス1世
セソストリスいっせい
Sesostris I; Senusret I

古代エジプト第 12王朝2代目の王 (在位前 1971~前 1928) 。センウスレト1世とも呼ばれる。初代王アメンエムヘト1世の子。内外ともに黄金時代を築いた王として知られる。 10年間父王と共治し,その間ヌビアに遠征,ナイルの第1,2急流の中間地点に達した。リビア遠征から凱旋の途中,父の暗殺の報に接し,ただちに帰国,王の座を確保。パレスチナ,シリアとは和平を保ち,治世 18年目にヌビアの征服を成し遂げ,金,銅,紫水晶,閃緑岩など,ヌビアの資源採掘に着手した。他方アスワン付近から花崗岩を切り出し,ヘリオポリスの神殿を改築,テーベカルナックを築きアモン崇拝を盛んにする一方,首都ファイユームの近くのリシェトに自身のピラミッドを構築した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android