コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セバストーポリ Sevastopol'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セバストーポリ
Sevastopol'

ウクライナ南部,クルイム自治共和国の都市。クリミア半島 (クルイム半島) 南端部西岸,黒海にのぞむ港湾都市。前 421年ギリシアの植民市ケルソネソスが建設され,ローマ,ビザンチン,トラペツス帝国などの支配下で続いたが,その後衰えた。 1783年クリミア半島を併合したロシアは,かつてのケルソネソスの地の東方にあたる現在地に軍港と要塞をつくり,翌 84年ギリシア語風にセバストーポリ (「崇高な都市」の意) と命名した。 1808年商港も開港 (1894年商港はフェオドシヤに移る) 。クリミア戦争に際して 54年9月~55年8月にイギリス,フランス連合軍に包囲され,攻防戦により大きな被害を受けたが,戦後再建され,75年鉄道開通により繁栄した。第2次世界大戦中も大攻防戦が行われ,1942年7月~44年5月,ドイツ軍に占領された。戦後再建され,食品 (水産物加工,ワイン) ,木材加工などの工業が発展した。海洋気象台,水族館をもつ。モスクワから南へ延びる鉄道の終点で,ハイウェーが首都シンフェローポリに通じている。遠洋漁業の基地。人口 36万 6000 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

セバストーポリの関連キーワードトルストイ(Lev Nikolaevich Tolstoy)ケルソネソス・タウリケゴルチャコフバフチサライヘルソネス岬黒海艦隊海軍基地

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android