コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セブハー Sebhā

世界大百科事典 第2版の解説

セブハー【Sebhā】

リビア南西部の砂漠地帯にあるオアシス都市で,フェッザーン州の州都。人口2万8714(1973)。肥沃なオアシスを抱え,古くからトリポリとアフリカ内陸を結ぶキャラバン・ルートの中継地点であった。また19世紀後半以降サヌーシー教徒の民族解放運動の拠点ともなった。リビア革命後の1977年3月,〈人民主権確立宣言〉がここで採択され,後進性を脱皮しリビア統一実現の最重点開発地域に指定された。重化学工業手工業,住宅建設計画が着手され,セブハーは現在,リビア経済・文化の重要拠点の一つとなっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セブハーの関連情報