コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セブンオークスの虐殺 セブンオークスのぎゃくさつSeven Oaks Massacre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セブンオークスの虐殺
セブンオークスのぎゃくさつ
Seven Oaks Massacre

1816年6月 19日,カナダのレッドリバー植民地で起った事件。イギリスのセルカーク (伯) が建設したこの植民地は,ハドソン湾会社の強力な支援を受けていたが,当時の西部カナダにおいて毛皮交易をめぐってハドソン湾会社と熾烈な競争を展開していた北西会社は,レッドリバー植民地を壊滅させ,そこを兵站基地としているハドソン湾会社に打撃を与えようとした。北西会社の社員 C.グラントは 60人ばかりを率いて次々とハドソン湾会社の駐屯地を襲ったが,防戦する総督 R.センプルとセブンオークスで遭遇し,ハドソン湾会社側はセンプルを含めて 20人が殺害された。レッドリバー植民地の居住民は脅迫されて立ちのきを命じられたが,セルカークは軍隊の派遣を依頼して事態の収拾をはかり,植民地は翌年再建された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

セブンオークスの虐殺の関連キーワードセルカーク(伯)フレーザー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android