コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セミエビ(蟬蝦) セミエビ Scyllarides squamosus

1件 の用語解説(セミエビ(蟬蝦)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

セミエビ【セミエビ(蟬蝦) Scyllarides squamosus】

甲殻綱ウチワエビ科の歩行型エビで,体長35cmに達するものもあるが,一般に20~30cmである(イラスト)。房総半島からインド洋西部まで広く分布し,水深30m内外にすむ。日本近海ではウチワエビとともに漁獲されるが,個体数が少なく,大型種ではあっても水産業上の価値はほとんどない。味はよく,地方によっては食用となる。甲は著しく硬く,無数の顆粒(かりゆう)状突起と粗毛で覆われている。頭胸甲は縦長の長方形

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

セミエビ(蟬蝦)の関連キーワード団扇海老虎海老沼海老北国赤海老赤蝦桜蝦蝉海老手長蝦糠蝦藻蝦

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone