コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セミホウボウ(蟬魴鮄) セミホウボウ

世界大百科事典 第2版の解説

セミホウボウ【セミホウボウ(蟬魴鮄)】

カサゴ目セミホウボウ科に属する海産魚の総称,またはそのうちの1種を指す。この仲間はセミの翅のような長い胸びれがあるのでこの名があり,英名のflying gurnardは海上を飛ぶという習性による。日本近海にはセミホウボウDactyloptena orientalis,オキセミホウボウD.gilberti,ホシセミホウボウDaicocus peterseniの3種が分布する。オキセミホウボウは南日本に分布するが,セミホウボウとホシセミホウボウは本州中部以南から南アフリカまでの広い範囲に分布する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android