コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セリバシオガマ(芹葉塩竃) セリバシオガマPedicularis keiskei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セリバシオガマ(芹葉塩竃)
セリバシオガマ
Pedicularis keiskei

ゴマノハグサ科の半寄生の多年草中央南アルプス八ヶ岳秩父山地など,中部地方の亜高山帯の針葉樹林内に生える。地下茎は短く地をはい,数本の細い茎が立上がり高さ 20~40cmになる。葉は短柄で対生し,薄質,無毛。葉身は羽状全裂し,裂片はさらに羽状に深く切込み,小裂片にとがった鋸歯がある。7~8月,上部葉腋に花を開く。萼は中央で深裂し,花冠は緑白色,二唇形で,下唇は広く開き先端が3裂し,上唇はかぶと形で先端が細くとがる。おしべは4本で上唇内にある。日本の特産種で,遠縁のものが中国西部,ヒマラヤにある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android