コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セルゲーエフ・ツェンスキー Sergei Nikolaevich Sergeev‐Tsenskii

1件 の用語解説(セルゲーエフ・ツェンスキーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

セルゲーエフ・ツェンスキー【Sergei Nikolaevich Sergeev‐Tsenskii】

1875‐1958
ロシアソ連邦の作家。本名はセルゲーエフSergeev。教師の家庭に生まれたが,父親はクリミア戦争中のセバストポリ防衛戦(1854‐55)に参加した。師範学校に学び,教師をしていたが,1901年より文筆活動に入る。第1次世界大戦にも参加。初期の作品(《ツンドラ》1903,《村の墓地》1904)にはデカダンスの傾向が強いが,しだいにロシアの農村生活をリアリスティックに描くようになり,《ババーエフ》(1907),《野の悲しみ》(1909)では農民に対する愛情が感じられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

セルゲーエフ・ツェンスキーの関連キーワード岸信介内閣光の科学史テレビドラマ新共和国連合上野山功一モノコックボディ高田(福岡県)ポピュリスト党ロダン岩崎弥太郎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone