セルゲーエフ・ツェンスキー(英語表記)Sergei Nikolaevich Sergeev‐Tsenskii

世界大百科事典 第2版の解説

セルゲーエフ・ツェンスキー【Sergei Nikolaevich Sergeev‐Tsenskii】

1875‐1958
ロシア・ソ連邦の作家。本名はセルゲーエフSergeev。教師の家庭に生まれたが,父親はクリミア戦争中のセバストポリ防衛戦(1854‐55)に参加した。師範学校に学び,教師をしていたが,1901年より文筆活動に入る。第1次世界大戦にも参加。初期の作品(《ツンドラ》1903,《村の墓地》1904)にはデカダンスの傾向が強いが,しだいにロシアの農村生活をリアリスティックに描くようになり,《ババーエフ》(1907),《野の悲しみ》(1909)では農民に対する愛情が感じられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる