コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セルシン selsyn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セルシン
selsyn

機械的には分離され,電気的には結合した1対の同じ構造の誘導電動機から成り,一方の回転子回転角を電気的に他方の回転子に伝達する機構。シンクロ synchroともいう。両方の固定子コイルは並列に閉回路をつくり,回転子は並列で共通の交流電源で励磁する。一方 (発信機) の回転子の回転角と他方 (受信機) の回転子の角度の間に差があると,それぞれの固定子に誘起される電圧に差が現れ,固定子コイルに電流が流れて回転力が現れるので,発信機回転子の回転角に従って受信機回転子は回転する。同じ装置にサーボ機構を適用して伝達の精度を高めることができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

セルシン(selsyn)

遠隔地に回転を電気的に伝える装置。遠隔測定信号の伝達などに利用

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セルシン
せるしん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

セルシンの関連キーワードテレグラフジアゼパム風向計

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android