コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セルビア・クロアチア語 セルビアクロアチアごSerbocroatian

世界大百科事典 第2版の解説

セルビアクロアチアご【セルビア・クロアチア語 Serbocroatian】

20世紀最後の10年まで旧ユーゴスラビアで最も有力な言語としてセルビア・クロアチア語(セルボクロアート語)と一言語の取り扱いを受けていたが,ユーゴスラビアの解体により,キリル文字を使うセルビア語とラテン文字を使うクロアチア語に分かれ,2言語とみなされるようになった。もっとも,セルビア語またはクロアチア語という言い方は以前からある。 両言語ともスラブ語派南スラブ諸語に属し,かつて一言語として扱われただけあって文字以外のことは当然ながらよく似ており,相互理解にはまったく問題がない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

セルビア・クロアチア語の関連キーワードビトリ(マケドニア共和国)ディナル・アルプス[山脈]ディナル・アルプス[山脈]ボスニア・ヘルツェゴビナバルト・スラブ語同系問題セルビア語/クロアチア語セルビア・クロアチア語セルボ・クロアチア語ムスリム(民族概念)セルボ・クロアト語ユーゴスラビア文学セルビア[人]スボティツァドナウ[川]ブルガリア語ティサ[川]ヤドランカロシア文字スコピエロシア語

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android