セルビア・クロアチア語(読み)セルビアクロアチアご(英語表記)Serbocroatian

世界大百科事典 第2版の解説

セルビアクロアチアご【セルビア・クロアチア語 Serbocroatian】

20世紀最後の10年まで旧ユーゴスラビアで最も有力な言語としてセルビアクロアチア語(セルボクロアート語)と一言語の取り扱いを受けていたが,ユーゴスラビアの解体により,キリル文字を使うセルビア語ラテン文字を使うクロアチア語に分かれ,2言語とみなされるようになった。もっとも,セルビア語またはクロアチア語という言い方は以前からある。 両言語ともスラブ語派南スラブ諸語に属し,かつて一言語として扱われただけあって文字以外のことは当然ながらよく似ており,相互理解にはまったく問題がない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android