セルビア・ブルガリア戦争(読み)セルビアブルガリアせんそう

世界大百科事典 第2版の解説

セルビアブルガリアせんそう【セルビア・ブルガリア戦争】

1885年,ブルガリアの東ルーメリア合併問題をめぐるセルビアとブルガリアの戦争。1878年のベルリン条約により,東ルーメリアはオスマン帝国政府が任命し列強が承認する知事が統治することになった。85年9月,この地方で反乱が起こり,臨時政府が成立してブルガリアとの合併を宣言。ブルガリア公のアレクサンダルはベルリン条約後の現状維持を約束していたが,東ルーメリアの合併を受け入れた。これに対し,ロシアは態度を硬化させ,イギリスは合併を承認するなど諸列強の対立が続いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android