コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セルベツス Servetus, Michael; Serveto, Miguel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セルベツス
Servetus, Michael; Serveto, Miguel

[生]1511. トゥデラ
[没]1553.10.27. ジュネーブ
スペインの医学者,神学者。サラゴサ,フランスのツールーズで医学,法律を学ぶ。イタリア,ドイツを旅行中メランヒトン,ブーツァー,エコランパディウスを知る。 1531~32年『三位一体の誤謬について』 De trinitatis erroribus,『三位一体論』 Dialogorum de Trinitateを著わして三位一体説への批判を行なった。のちビエンヌの大司教の侍医となったが神学上の研究は継続し,53年『キリスト教の再建』 Restitutio Christianismiを匿名出版,三位一体,キリストの神性,幼児洗礼などの諸教義を否定してカトリック側の告発を受けた。イタリアへの脱走の途中,ジュネーブでカルバンに発見され異端として焚刑に処せられた。医学者としては臨床医学的研究のほか,血液の小循環,肺循環を発見し生理学にも貢献,またプトレマイオス・クラディオスの地理学を校訂し発表した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

セルベツスの関連キーワードエコランパディウスソッツィーニ主義

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android