コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セレウコス4世 セレウコスよんせいSeleukos IV Philopatōr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セレウコス4世
セレウコスよんせい
Seleukos IV Philopatōr

[生]前218頃
[没]前175
セレウコス朝シリアの王 (在位前 186~175) 。アンチオコス3世の次男。父の存命中から重責を果し,前 189年のマグネシア敗戦後は共同で統治した。治世中,前 188年のきびしいアパメア和約を遵守して戦勝国ローマとの関係をただすとともに,マケドニア,プトレマイオス朝エジプトとも友好関係を保つよう努めた。しかし柔軟外交はオリエントにおける王朝の地位を低下させた。臣下のヘリオドロスによって毒殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

セレウコス4世の関連キーワードアンティオコス[4世]デメトリオス[1世]デメトリオス1世アンチオコス4世

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android