コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セレウコス4世 セレウコスよんせいSeleukos IV Philopatōr

1件 の用語解説(セレウコス4世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セレウコス4世
セレウコスよんせい
Seleukos IV Philopatōr

[生]前218頃
[没]前175
セレウコス朝シリアの王 (在位前 186~175) 。アンチオコス3世の次男。父の存命中から重責を果し,前 189年のマグネシア敗戦後は共同で統治した。治世中,前 188年のきびしいアパメア和約を遵守して戦勝国ローマとの関係をただすとともに,マケドニアプトレマイオス朝エジプトとも友好関係を保つよう努めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

セレウコス4世の関連キーワード押収検証(刑事訴訟)中央(熊本県)ポエニ戦争美里(町)(熊本県)山都(町)ソテル小野(市)猥褻罪前田健太

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone