セレウコス4世(読み)セレウコスよんせい(英語表記)Seleukos IV Philopatōr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セレウコス4世
セレウコスよんせい
Seleukos IV Philopatōr

[生]前218頃
[没]前175
セレウコス朝シリアの王 (在位前 186~175) 。アンチオコス3世の次男。父の存命中から重責を果し,前 189年のマグネシア敗戦後は共同で統治した。治世中,前 188年のきびしいアパメア和約を遵守して戦勝国ローマとの関係をただすとともに,マケドニア,プトレマイオス朝エジプトとも友好関係を保つよう努めた。しかし柔軟外交はオリエントにおける王朝の地位を低下させた。臣下のヘリオドロスによって毒殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android