コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セロ・デ・パスコ Cerro de Pasco

世界大百科事典 第2版の解説

セロ・デ・パスコ【Cerro de Pasco】

ペルー中部パスコ県の県都。アンデス山中の鉱山都市。人口7万7700(1990)。標高4330m。セロ・デ・パスコ鉱山の大規模な選鉱場がある。鉱石の大部分は南130kmにあるラ・オロヤに運ばれ製錬される。1630年に銀鉱床が発見され,60年から採掘されたが,19世紀中ごろに掘りつくして閉山。1902年に鉄道が建設されて再開され,銅,亜鉛,鉛などの露天掘りが行われている。【田嶋 久】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

セロ・デ・パスコの関連キーワードイェールパーハ山アンデス山脈ラ・オロヤラオロヤ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android