コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センウラン鉱(閃ウラン鉱) せんウランこう uraninite

翻訳|uraninite

1件 の用語解説(センウラン鉱(閃ウラン鉱)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せんウランこう【センウラン鉱(閃ウラン鉱) uraninite】

最も基本的なウラン鉱物の一つ。理想化学組成UO2。通常はさらに酸化が進んでいる。ウラン自身の放射壊変の産物である少量のラジウム,鉛,ヘリウムなどを含み,強い放射能を持つ。副成分としてトリウムセリウムイットリウムなどを含むこともある。色は黒,黒褐,緑黒,鋼灰など。立方晶系で,正六面体正八面体の自形結晶を作るが,普通は不定形で,塊状,粒状,すす状を呈することが多い。割れ口は不規則または貝殻状。亜金属~樹脂状光沢

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

センウラン鉱(閃ウラン鉱)の関連キーワードクラン水マンガン鉱閃ウラン鉱人形峠ピッチブレンド瀝青ウラン鉱天然ウラン理想化基本味ハロイサイト

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone