コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センキュウ(川きゅう) センキュウCnidium officinale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

センキュウ(川きゅう)
センキュウ
Cnidium officinale

セリ科の多年草で,中国原産。日本には薬用として古く渡来し各地に栽培される。塊状の根茎があり,茎は高さ約 60cmでまばらに分枝し,2回3出の羽状葉をつける。秋,白色の小花を頂生の複散形花序につける。果実は成熟しない。初冬に根茎を採集し,熱湯に浸してから乾燥したものを川きゅうと呼び,重要な漢方薬で鎮静,鎮痛,強壮の効果がある。中国の四川省産のものが特に有効とされ輸入もされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報