コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センザンコウ(穿山甲) センザンコウpangolin

翻訳|pangolin

世界大百科事典 第2版の解説

センザンコウ【センザンコウ(穿山甲) pangolin】

体が角質のうろこでおおわれた有鱗目センザンコウManidaeに属する哺乳類の総称。アリとシロアリを常食とする。ラーリ(鯪鯉)ともいう。頭は小さく,吻(ふん)が長くとがり,四肢は短い。うろこで体がおおわれているため,一見爬虫類のように見えるが,腹部,四肢の内側などには毛が生えている。インドネパール東南アジア,中国,台湾に3種,アフリカに4種が分布する。松ぼっくりの鱗片に似たうろこは,毛が変化したもので,黄褐色から暗褐色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のセンザンコウ(穿山甲)の言及

【甲】より

…アルマジロの祖先にあたる第三紀のグリプトドン類は,カメの背甲と酷似した一体化した骨性の背甲のほか,頭頂部と尾の周囲にも堅固な骨性の甲を備えていた。センザンコウの体表のほとんどを覆う松笠状のうろこは毛の変形したもので融通性が高い。サイの胴を覆う強靱な外被は皮膚の厚くなったもので,甲とはいいがたい。…

※「センザンコウ(穿山甲)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報